LINEアイコン
Youtubeアイコン
facebookアイコン
instagramアイコン
Seminer

温熱療法

ボタニック・ラボラトリーでは、様々な病気の温床となる「身体の冷え」を解消するために、波動温熱療法を取り入れています。「6.27ミクロン(遠赤外線)」の波動で身体の深部まで熱を届け、血液やリンパの流れを促進します。遠赤外線の心地よい熱が、身体の元気を呼び起こしてくれます。

Colds can lead to many illnesses冷えは万病の元

健康な人の体温は、平均36.5℃〜37℃に保たれています。最近は、運動不足やエアコン、冷たい飲み物、食べ物などの影響もあって36℃台前半や35℃台などの低体温の人が増えています。体温が下がると体はどうなるのでしょうか?

一般的に体温が1度下がると免疫力は約30%低下するといわれています。それにとどまらず、血液循環が悪くなり内臓機能の低下やホルモンバランスの乱れなどを引き起こします。その隙をついて、さまざまな病気が首をもたげてくるのです。

たとえば、がんです。がん細胞は低体温を好みます。体の冷えは、がんだけではなく不妊症やアレルギーの温床にもなります。多くの人が悩まされている頭痛、肩こり、腰痛、低血圧なども、低体温が原因の一つと考えられています。

つまり体の冷えは、「万病の元」を抱えているのと同じこと。ボタニック・ラボラトリーでは、低体温や体を冷えの対策として「波動温熱療法」を取り入れています。

Risk低体温だとこんなリスクが・・・

がん 高血圧 糖尿病 腎臓病 肝臓病 アレルギー リウマチ 胃腸障害 婦人科系疾患 自律神経失調症

Sign「冷えのサイン」見逃してませんか?

「冷えのサイン」見逃してませんか?

sign1顔に出るサイン

目の下のクマ、赤ら顔、唇が紫っぽい、肌荒れ、顔のほてり

sign2上半身に出るサイン

肩こり、頭痛、耳鳴り、指先が冷たい、首から二の腕が冷たい、手のひらが赤い

sign3下半身に出るサイン

腹部が冷たい、腰痛、足のむくみ、痔出血、下痢しやすい、便秘、足の裏がほてる

sign4全身に出るサイン

生理痛・生理不順、汗をかかない、暑がり、寒がり、うつ、慢性疲労、低血圧、不眠

Attention統合医療で注目される温熱療法

温熱療法は、全身または患部を温めることにより代謝を促し、老廃物を除去し、血液やリンパの流れを改善してくれます。高周波やマイクロ波、遠赤外線、温浴など様々な方法がありますが、基本は体を温めて血液循環をよくすることから、発汗作用や代謝の促進、痛みや緊張の緩和などが期待できます。

がん細胞が死滅する温度は42.5℃以上とされています。がんの統合医療に取り組む国内のクリニックでは、43℃の熱をがん組織に加えて治療効果を上げる温熱療法を導入しているところもあります。統合医療の本場で、世界でも最先端の治療を展開するドイツやメキシコ・ティファナには、安全性の高い治療法の一つとして温熱療法を取り入れているクリニックが数多くあります。

Create heat熱を作り出す温熱療法

わたしたち人間の体は、7割が水分子で構成されています。ボタニック・ラボラトリーの温熱療法では、体の水分子と共振する6.27μmの波動を生み出す温熱器を利用しています。

本来6.27μmの遠赤外線を放射するためには、器具の温度を数百℃〜1,000℃以上にする必要があり、人体への使用は難しいとされています。ボタニック温熱で使用する温熱器「グレミオ627」は、特許を取得した独自のテクノロジーにより、約95℃の低い温度で6.27μmの遠赤外線を放射します。温熱器の熱を直接伝えるのではなく、体の水分子と共振しながら「熱を作り出す」方式で、身体の深部から安全かつ効果的に温めてくれます。

Customer's voiceお客様の声

30代・女性

2016年に結婚して以来、不妊に悩んでいました。冷えとアトピー症状もあり、友人にボタニック温熱を紹介され、栄養指導と温熱療法を受け始めました。毎日の栄養摂取と、施術を2週間に一度のペースで2ヶ月ほど続けたところ、なんと待望の赤ちゃんを授かることができました。生まれた子どもは、アトピーやアレルギーもなくとても健康です。私も温熱と栄養補充で今ではステロイド治療も必要なく、かゆみも、冷えも解消されました。

30代・男性

2016年8月に悪性リンパ腫を患い、首に5.5cmのしこりができて大きく腫れ上がっていました。ボタニックの森山先生に相談し、必要な栄養が欠乏していること、がんには冷えがよくないなどのアドバイスを受け、すぐに栄養摂取を始め、温熱の施術に通いました。温熱はほぼ毎日通いました。驚いたことに、2回目の施術から首の腫れが引き始め、6回目で腫れが半分ほどになり、約2週間で体調も7割くらい戻りました。その後、再度病理検査を受けると良性と診断され、担当の医師も驚いていました。今では、健康的に痩せ、35℃台だった体温も36℃以上になり、リンパ腫の再発もありません。これからは、がんにならない食事と環境を心がけ、健康な体作りをしていきます。

30代・女性

数年前に子宮内膜症の診断を受けました。すぐにボタニックに相談し、食事を変え、ボタラボ製品を飲み始め、さらに波動温熱療法も受けました。ひまわり家族(家庭用の温熱器)を購入し、日中や就寝時などほぼ毎日お腹を温め続けました。すると、増殖した子宮内膜は最初4cmほどでしたが、4ヶ月後には1.5cmに縮小しました。お医者様から「小さくならない」と言われていたので、この結果に私はとても驚いています。これからも温熱と栄養療法に取り組み、もっと健康になりたいと思います。

40代・女性

わたしは重い喘息で、毎日薬を飲んでいましたが一向に良くなりませんでした。ひどい時は歩くことも困難で、自律神経の乱れから暑さや寒さを感じることができませんでした。知人の紹介でボタニック・ラボラトリーを知り、ボタラボミネラル77を飲み始め、温熱療法を始めました。施術を受け始めて数ヶ月後には、人に頼らず歩くことができるようになりました。もともと汗をほとんどかかない体質でしたが、汗もしっかり出るようになりました。昔のわたしと比べるとすごい変化です。今では元気に仕事もできています。

Menuメニュー

温熱セラピー

温熱セラピー

当サロンの温熱療法は、充実の70分コース

頭からつま先まで全身をしっかり温めます

  • 温熱セラピー + 遠赤外線ドーム 70分 ¥7,000(税込)
  • 温熱セラピー + 電子チャージ風呂 110分 ¥9,000(税込)
  • 遠赤外線ドーム 30分 ¥2,000(税込)
  • 電子チャージ風呂 60分 ¥2,000(税込)

ボタニック・ラボラトリーでは、お客様一人ひとりの健康状態に合わせて最適な施術をご提案しています。ボタニック温熱についてより詳しく知りたい方は、温熱師がわかりやすくアドバイスをいたします。施術のご予約や相談をご希望の方は、ぜひ電話でお問合わせください。

TEL:03-5289-0080(営業時間 平日10:00〜18:00)

リンパ温熱セラピー

リンパ温熱セラピー

ボタニック温熱で全身を温めながら血液の循環を促進すとともに、テラヘルツ派のエネルギーでリンパの流れをサポートします。脂肪組織をほぐし、むくみ、凝り、冷えを解消するデトックスセラピーです。

  • リンパ温熱セラピー 60分 ¥10,000(税込)

リンパ温熱セラピー

ホルミシスルーム

ラドンガスを発生させる天然鉱石を敷き詰めた部屋に、ラドン吸引器を完備した手軽にホルミシス効果を体感いただける施設です。

  • 1回 50分 ¥2,750(税込)
  • 5回チケット ¥11,000(税込)
  • 30日間 ¥19,800(税込)

ホルミシスルーム